クラミジアなど様々な性病の症状や特徴、治療に有効な抗生剤アジスロマイシンを含むジスロマックジェネリックの紹介です。

淋病の感染ルート

淋病とは、淋菌の感染によって発病する病気で、感染力が高い性病の1つとされています。

性病の種類と症状

感染の経路を知り、他者にうつさないための配慮が不可欠となります。

性行為での感染確率

主な感染経路は、通常の性行為とオーラルセックスなどでも感染します。
オーラルセックスとは、口内性行とも呼ばれており、口や唇などを使う行為です。

淋病を保持する人との1回の行為で感染する確率は約30%ほどと高く、感染力がとても強い菌です。

このことからも、自己防衛の必要性があることは明らかです。

更に厄介なことに、ノドなどに菌が付着していた場合など自覚症状がないため、知らないうちに他の人へ感染させていることもあります。

感染の拡大を防ぐためにも、感染者との接触を避ける、感染中は性行為をしないといった対策を講ずるべきといえます。
淋病の原因である淋菌は暖かく湿った場所を好んでおり、感染力は強いのですが菌自体はとても弱く、性行為以外では感染しにくいとされています。

たまに家族内感染がありますが、こちらのケースは希です。

男女別淋病の症状

症状としては、炎症系がメインとなります。
女性の感染症状
女性の場合は膿などのおりものなどが出る傾向がありますが、自覚症状が出ることは希です。
子宮頸管炎、腹膜炎、卵管炎など深刻なケースにもなり得ます。
男性の感染症状
男性では尿道炎が主な症状ですが、放置すると体の奥に入り込まれ、精巣上体炎に発展することもあります。
見分ける方法として、ペニスから白や黄色といった普段と違う分泌液が出るのもサインです。
男性はかなりの痛みを伴うのでわかりやすいとされています。

こちらの性病は、性行為に積極的な人なら感染する可能性が十分にあり、発病するまでに個人差があるため、持ち前の感染力で知らず知らずに他の人へ感染させている可能性があります。
発病しましたら、必ず医師の診断をうけ適切な処置をして治していくことをおすすめします。