クラミジアなど様々な性病の症状や特徴、治療に有効な抗生剤アジスロマイシンを含むジスロマックジェネリックの紹介です。

クラミジアの予防法

クラミジアなどの性感染症の予防には、まず性行為をしないということが1番の予防になります。
しかし実際に性行為をしないというのは付き合いがある以上難しいでしょう。

性行為をしながらに予防するために気を付けておくべきを覚えて、性感染症の予防に努めていきましょう。

性的接触の限定

予防法として最初に挙げられるのは性行為の相手が決まっていることです。

付き合っている若しくは結婚している愛する特定のパートナー以外と性的接触をしないことで、感染の可能性は低く抑えられます。

付き合い始めなどは予め性病・性感染症の検査を受診し、感染していないことを確認してから性行為をするようにしておくと安心です。

またパートナーがいる状態での性感染症への感染はお互いの関係性を崩しかねません。不特定多数との性的接触はそういった意味でも避けるべきでしょう。

コンドームの着用

性行為の際に避妊用具として使うコンドームにも感染の予防効果があります。

直接接触を避けることで感染を防ぐことが出来ますが、しかしそのためには性行為中は終始付けておくことが必要で、オーラルセックスなどの際にも付けておく必要があります。

クラミジアの感染ルート

正しい使い方と着用忘れがなければ感染を防げるものではありますが、破れや穴あき、途中で外れてしまった場合などでは効果が無くなってしまいます。

使用方法に左右されやすいため注意が必要です。

身体の衛生管理

衛生面に気をつけることも重要です。

性行為の前にシャワーを浴びる人などは比較的多いと思いますが、このように性行為前に身体を清潔にしておくことは性感染症の感染を防ぐためにも有効な行為です。

パートナーと一緒にお風呂に入ることで愛が深まるという説もありますので、お互いを洗いあうなどすると一石二鳥であるともいえます。

性感染症に限らず雑菌などの身体に良くない菌を除去するためにも事前に身体を洗っておくことは重要になってきます。

性器状態の確認

性感染症を患った人には見た目に症状が分かりやすく発症している場合もあるため、相手の性器を見ておくことも大事です。

初期段階では潜伏期間で症状が出ない場合もありますが、感染の可能性を下げるためにもチェックは欠かさないようにしておきましょう。

分かりやすい症状としては性器の周りにへの出来物、ニオイが強い場合や痒みが発生していると頻繁にかいて赤くなっていると思います。
何かしらの異常を確認したら性行為は避けるべきです。

事前に違和感や痛みがないかなど、確認しておくとよいでしょう。

クラミジアの検査と治療

クラミジアを始めとする性感染症を予防するためには衛生的に良好な状態であることが必要でありますが、確実性を求めるとやはり検査をして相手を限定するといった方法になるかと思います。

こういった方法でも回避が難しい時には、定期的な検査と早期治療で症状が悪化しない内の治療を心がけるようにしておきましょう。

クラミジア治療薬については下記リンクよりご確認ください。

ジスロマックの詳細

クラビットの詳細

クラリスロマイシンの詳細

アモキシシリンの詳細